日本語化MODを導入

Steam版の最新バージョンが対象になります。

1Oblivion Mod Manager(OBMM)を導入
2Oblivion Script Extender(OBSE)を導入
3日本語化パッチを導入
4日本語MODを導入

大きく分けると、たかだか4工程ですが、各工程には更に細かい手順があります。
このうち、1はなくても日本語化は可能ですが、4導入時の手間と複数の日本語MODを切り替える時の手間を減らせるため、導入が推奨されます。


1Oblivion Mod Manager(OBMM)を導入

Oblivion mod managerからfull installerをダウンロード。
・zipファイルを解凍するとインストーラが出てくるので、インストーラを起動。
・適当にインストール(Associate the .omod file type with oblivion mod managerにチェックを入れると後々楽です)。


2Oblivion Script Extender(OBSE)を導入

Oblivion Script Extenderでダウンロード。
・ファイルを解凍。
obse_steam_loader.dllobse_editor_1_2.dllobse_1_2_416.dllobse_loader.exeをOblivion.exeと同じフォルダにコピー。
121205_1.png


3日本語化パッチを導入

・Oblivion.exeにあるDataフォルダの中にOBSEフォルダを作り、その中に更にPluginsフォルダを作る。
TES4JaPatch016_beta3.zipから日本語化パッチをダウンロード。
 ファイルをダウンロードするには4shared.comにログインする必要があります。
 アカウントを持っていない場合は登録(無料)が必要です。
・zipファイルを解凍。
obja_config.exeobja_12416.dllのみを3で作成したPluginsにコピー。
121205_2.png


4日本語MODを導入

しとしん版日本語MOD ver3.6をダウンロード。
・ファイルを解凍。
・OBMMを起動。
・「Load」ボタンを押し、「しとしん版日本語MOD 3.6.omod」を選択。
・OBMMの右側のリストにしとしん版日本語MOD 3.6が追加されるのでクリックして「Activate」ボタンを押す。
・色々と質問されたりメッセージが出るので適切に選ぶ。

選択を間違えたと思ったら、一度「Deactivate」にして、再度「Activate」することで選択し直すことができます。



オブリビオンを起動して日本語化できたか確認する。



この記事はOblivion 日本語化 Wiki (避難所)から、Steam版の日本語化に必要な情報を私見に基づいて選択して抜き出し、いくらかの情報を付加してまとめたものです。
前述のWikiでは、派生版である「しとしん版日本語MOD」を導入する前に、「JPWikiMod」を導入し、正しく日本語化できることを確認してから、派生版の導入が推奨されています。
気になる場合、もしくは、この記事の手順通りに進めても日本語化できなかった場合、前述のWikiの手順に従って導入する方が良いと思われます。
【日本語対応の最新記事】

キャラの顔

が酷い。
どうにかしたい。

Modular Beautiful People 2ch-Editionを導入した後、Modular Beautiful People 2ch Edition Plus Plusを導入。

この2つを導入すれば、申し分ない見た目のキャラを作成できるようになります(好みはあると思いますが…)。
これらのMODの導入にはOBMM必須です。

121204_1.png

Modular Beautiful People 2ch-Editionは7-Zipで分割圧縮された後、更にrarで圧縮をかけてあります。
rarはLhaplusなどで解凍できます。
分割された7-Zipを解凍するにはこちらのソフトを使います。
分割されたファイルを全て選択して「展開」ボタンを押せば解凍できます。

MBP Plus Plus 098a Full-37368-0-9-8a.7zは解凍する必要はありません。
OBMMの「Create」→「Add archive」で圧縮ファイルを選ぶだけでOKです。

詳細は下記参照
Modular Beautiful People 2ch-Edition @ Wiki

女キャラ

の体がゴツすぎる。
どうにかしたい…。

HG EyeCandy Body

OBMMを使えば、ファイルを解凍する必要はありません。
OBMMを起動して「Create」→「Add archive」でOK

Activateする際、2回選択肢が表示されます。

1回目 Choose version
Underwear Versions…服を脱いだとき下着を着ける。
Nude Versions…服を脱いだとき全裸になる。

2回目 Select body type
Normal…デフォルトの体型(Eye CandyというMODが元になってる)。
Fighter…筋肉質なひきしまった体型。様々なバストサイズと身長が用意されている。
EBE…オリジナルのExnem's Eye Candy Body MODを忠実に再現した体型。

121203_1.jpg
121203_2.jpg

HG EyeCandy Bodyを導入しただけだと、装備を着けたときにデフォルトの体型に戻ってしまいます(おっぱいのサイズが変わり、二の腕が太くなる)。
装備を着けても体型が変わらないようにするには、EVE HGEC Eyecandy Variants Expansionを導入します。

こちらはomodのみで提供されているので、OBMM必須です。
OBMM起動→「Load」→「EVE_HGEC_BodyStock and Clothing OMOD-24078.omod」を選択。
OBMMに追加されたら「EVE_HGEC_BodyStock and Clothing OMOD-24078」をクリックして「Activate」で有効になります。

Activateする際、いくつか選択肢が表示されます。
私は以下のように設定しています(あまり突っ込んでは調べていません)。

Install body textures? → No
Which upper body option would like to install? → Use my current upper body mesh
Which upper body option should stock clothing and armor match? → HGEC Normal E-Cup
Which lower body option would like to install? → Use my current upper body mesh
Which lower body option should stock clothing and armor match? → HGEC Wide
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。