エルダースクロールの世界でのカレンダーについて、まとめようと思ったのですが、既にとても良くまとめていらっしゃる方がおられました。

オブリビオンの暦と時間の概念 - The Days of Divine Crusader
http://crusader.kirara.st/blog/archives/247

日本語訳の読み方が分からなかったため、調べました。
英語の読み方は、よくある日本語読みを組み合わせたものです。

暁星の月 ぎょうせいのつき Morning Star モーニングスター
薄明の月 はくめいのつき Sun's Dawn サンズドーン
蒔種の月 はしゅのつき First Seed ファーストシード
恵雨の月 けいうのつき Rain's Hand レインズハンド
栽培の月 さいばいのつき Second Seed セカンドシード
真央の月 しんおうのつき Midyear ミッドイヤー
南中の月 なんちゅうのつき Sun's Height サンズハイト
収穫の月 しゅうかくのつき Last Seed ラストシード
薪木の月 たきぎ・まきぎ・まききのつき Hearthfire ハースファイア
降霜の月 こうそうのつき Frostfall フロストフォール
黄昏の月 たそがれのつき Sun's Dusk サンズダスク
星霜の月 せいそうのつき Evening Star イブニングスター

真央は人名だと「まお」ですが、人名を指すものではなく、星の位置を指すものとして使われています。
該当する熟語が見つからなかったため、そのまま読んでいます。
「しんのう」とも読めそうです。

追加の情報を書きます。

UESP Wikiによると、オブリビオンより前の作品では、ひと月の日数が異なります。
Morrowindには1月がありません。10月の日数が30日で、11月の日数が31日となっています。オブリビオン以降では逆です。
更にそれよりも前の作品、Arena, Daggerfallでは、全ての月の日数が30日で統一されています。

曜日は以下の通りとなっています。

Sundas → Sunday(日曜日)
Morndas → Monday(月曜日)
Tirdas → Tuesday(火曜日)
Middas → Wednesday(水曜日)
Turdas → Thursday(木曜日)
Fredas → Friday(金曜日)
Loredas → Saturday(土曜日)

正しい読み方が分からないのと、日本語版のスカイリムでどう訳されていたかも覚えていません。
とりあえず、サンダス、モーンダス、ティルダス、ミッダス、ターダス、フレダス、ロアダスと訳しておきます。

Arenaのカレンダーだと、現実世界の日本で言うような元旦や建国記念日のような祝祭日が設定されています。
例えば、新年(Morning Start 1st)は New Life Festival(新生祭?) と呼ばれ、ダガーフォールではデイドラ神クラヴィカス・ヴァイルを召喚する日とされています。

詳細はこちら(英語です)
http://www.uesp.net/wiki/Lore:Calendar

やる気が出たら翻訳するかも…。
 

死霊術師ダンジョン

死霊術師ダンジョン
http://www37.atwiki.jp/oblivionxbox360/pages/171.html

基本的な情報はこちらのWikiで十分ですので、補足のみ書きます。

キャドルー礼拝堂
ダンジョンではありませんが、死霊術師が二人います。

魔術師ギルドクエストで行くダンジョン
泉の洞穴
オントゥス砦
シローン
テレマン砦
ネニヨンド・トウィル
闇の裂目
山彦の洞窟(共鳴洞窟)

ウェンデルベク、マカメンテイン
「クエストあり」と書かれていますが、この遺跡と直接的に関係しているわけではありません。
この遺跡へ行けと言われたり、この遺跡でクエストが発生するという意味ではないです。
アイレイドの像を集めるクエスト The Collector で、この遺跡にある像が必要になります。
何も考えず死霊術師退治に向かっても何ら問題ありません。
像を回収してそれを町で売ることで、前述のクエストが発生します。

アンデルパル洞穴
公式MOD Knights of the Nine のクエスト The Sword of the Crusader で行くことになります。
クエストを受けずに行っても問題ないっぽいです。

ハウリング洞穴
メリディアのデイドラクエストで内部の死霊術師を一掃しろと命令されます。
クエストを受ける前に行かない方が良さそうです。

マギア砦
特殊なワインを集めるクエスト A Venerable Vintage で必要になるワインがあります。
ワインを見つけた時点でクエストが発生するため、クエストを受けずに行っても問題なし。

行って確認したのですが、死霊術師はいませんでした。
UESP Wikiにも死霊術師がいるとは書かれていません。
http://www.uesp.net/wiki/Oblivion:Fort_Magia
X360版とPC版は違う?

ブランブルポイント洞穴
Imperial Bridge Inn にいる Lithnilian から受けられるクエスト No Stone Unturned で行くことになります。
アイテムを回収するのが目的。クエストを受けてから行った方が良さそうです。

クエストを受けて実際に行ってみたのですが、死霊術師はいませんでした。
UESP Wikiにも死霊術師がいるとは書かれていません。
http://www.uesp.net/wiki/Oblivion:Bramblepoint_Cave
これもX360版とPC版の違いでしょうか?
 

崩落鉱山

アクセスログを見てたら、「崩落鉱山」で検索している方がおられたので記事にしました。

私も最初迷った記憶があります。
同じような岩が乱立しているので非常に分かりにくいです。

行き方
1コロル南門に行く。
2城壁伝いに東へ移動。
3邪魔な岩とぶつかったら、すぐ近くに入り口がある。

120718_1.jpg
120718_2.jpg
120718_3.jpg
120718_4.jpg

Oblivion : Crumbling Mine - UESP Wiki
http://www.uesp.net/wiki/Oblivion:Crumbling_Mine

英語ですが、詳細な情報と内部のマップが掲載されてます。
 

開錠

文章で読んでもイマイチコツがつかめず、自動解除に頼りっぱなしだったんですが、おっさんの大冒険を見てコツがつかめました。



動きの遅いタンブラーかどうかを、上がりきるまでに判断して、ボタンを押す。

それだけでした。

目押しが得意な人なら、気持ち待つ必要がありそうです。
訓練でどうにかなるのか分かりませんが、どうにもならないなら、Lock Bash Omegaを導入するのが良いですね。
 

歩きながら正面を見る方法

が分からなくてグーグル先生に聞いたりMODを探してしまいました…。
偉く遠回りになってしまった。

オブリビオンのMOD紹介動画なんかを見てると、キャラを歩かせながら自由自在にカメラを動かすシーンを良く見ます。
あれは何かMODが必要なのかと思ったら、標準で備わってる機能だったんですね。
客観→主観視点を切り替えるキー(デフォルトはR?)またはマウスホイールボタンを押しっぱなしにすると、キャラ〜カメラ間の距離を保ったまま、カメラを自在に動かすことができます。
客観視点と同様、マウスホイールでカメラとの距離を調整できます。

コンソールのtfcコマンドとの違いは、カメラとの距離が一定に保たれる、キャラを移動させることができる、カメラがキャラに接近しすぎたとき、キャラがフェードアウトするというところ。
tfcは元々セル内を自由に移動して動作チェックに使うためのもので、キャラを見るためのものじゃないと思うので、キャラを見たいなら、視点切り替えキー・ボタン押しっぱなしのこちらの方が使い勝手が良いですね。

またひとつ謎が解けました。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。