いけね!

ロックピック切らしちゃった!

忘却のオブリビオン
http://obcustommodsjp.hiroimon.com/page009.html

分かりやすく説明しているサイトがありました。
ちょっと補足します。

このMODを入れると、ロックピックはまず必要なくなります。
開錠ミニゲームが苦手な方には有難いMODです。

困難〜非常に困難な鍵は、なかなか開きません。
鈍器以外はペナルティがつくため、開錠する場合は鈍器を使いましょう。
黒檀のダガーを使っても困難以上の開錠は無理です。

鍵は基本的にロックピックで開けてるんですが、たまに切らしてしまうことがあります。
そういう時に使うなら良いかも知れません。

私は忍者プレイが好きなので、潜入中は大きい音を立てたくないという拘りがあります。
盗賊ギルドに入っていればロックピックを補充できるのかも知れませんが、私は盗賊ギルドを潰したい派なので、それもできませんw
 

が重いですね。
それと、100%じゃなくても良いのですが、矢の回収率はもっと高くなって欲しいです。
特にメインクエストに集中してオブリビオンを行き来していると、矢が不足して困ります。
多めに持って行きたくても、矢が重いのであまり持てません。

矢を諦める場合、近接武器で不意打ちしても必ず一撃で殺せるわけではないので、必ず何処かで肉弾戦をする必要が出てきます。
近接型ではないので、肉弾戦になってしまうとデイドラ相手に勝ち目がありません。

More Arrows Recovered
http://oblivion.nexusmods.com/mods/2169
デフォルトで50%の矢の回収率を75%にするMODです。

SPARTAN VIs Velocity Light Arrows
http://oblivion.nexusmods.com/mods/11489
矢の重さを0にしてくれるMODです(デイドラの矢だけ0.1)。
他にspeedが調整されると書かれていますが、矢が飛ぶスピードなのか、装備時のプレイヤーの移動スピードなのか、説明を読んでも分かりませんでした。

もう、これらのMODがないと、シロディールで忍者ゴッコはできません。
 

魂のオートリチャージ

魔法がエンチャントされた武器をブンブン振り回してると、3000ポイントチャージされたものでも、あっという間に使い切ります。
その度にソウルジェムが必要になるから、ソウルジェムを何個も常備しておくのだけど、ソウルジェムもあっという間に使い切ってしまう…。

【oblivion】エンチャント武器が時間で回復-Enchantment Restore Over Time

目的が同じなら、これ以上ないほど素晴らしいMODなのですが、私の価値観にはちょっと合いません。
他に似たようなMODがないかを探したのですが見つからず…。
ないなら作るしかありません。
私が求める条件を考えました。

1回復スピードと量をもっと少なく。
2設定は外部ファイルで変えたい。
3所持している全ての武器を対象にして欲しい。
4待機・睡眠・ファストトラベルは考慮しなくていい。

こちらのMODはお手軽すぎて、ソウルジェムの要らない子が加速してしまうきらいがあります。
それを望んでいる方には最適なMODです。
体力やマジカを一気に回復したい場合、1時間その場で待機すれば完全回復してくれますが、それと同じことができます。
そうなると、チャージのためのソウルジェムは不要になります(エンチャントには必要ですが)。
私はそれが嫌です。

ソウルジェムがないとやってられないけど、しばらく町で買い物をしたり、NPCの話を聞いたりしてて、気づいたら回復してた!

というバランスが良いです。
いくつも相違点があるので、こちらのMODを改造するよりは、いちから作った方が良いですね…。
 

永久に

死んでおけ。

Respawn Timer Change

「そういえば、あのダンジョンでいくつかアイテム取り忘れたわー取りに行くかー。」と思って、また行ってみたら敵が復活してる…。

めんどくすぅえぉあ!

このMODはNPCがリスポーンする時間を変更してくれます。
アーカイブには3つのespファイルがあり、好みのものを1つだけ選んで導入します。

v1 - リスポーンまでの時間をゲーム内での999999時間に変更(実質リスポーンしない)。
v2 - リスポーンまでの時間をゲーム内での36時間に変更。
v3 - リスポーンまでの時間をゲーム内での6000時間(250日)に変更。

readmeには、内部セル、例えば、ダンジョン、遺跡、洞穴など…と書いてあります。
内部セルと言うからには、建物の内部を指しているんでしょうか。
フィールドや町は対象外になりそうですね。

忍者

プレイにかかせないMOD。

SM Combat Hide

通常、暗い場所で遠くから弓を射て攻撃した場合、敵はすぐにこちらに気づいて、延々と追いかけてきます。

敵はみんな暗視スキルもってんの?

と突っ込みたくなりますね。

このMODを導入することで、敵は攻撃を受けた後、攻撃した相手を周囲を徘徊して探し、見つけたら追いかけるという挙動に変わります。
敵に見付かった場合でも、ある程度距離を離し、物陰に隠れればやり過ごす事ができます。

遠くからオーガを攻撃
121128_1.jpg

探し回るオーガ
121128_2.jpg

オーガの視線から外れる近い位置へ移動(気づかれてません)
121128_3.jpg


必要なもの

OBSE バージョン17以降

STEAM版のオブリビオンで日本語化しているなら OBSE v0020 なので、問題ありません。


インストール

espファイルとiniファイルをオブリビオンのDataフォルダに放り込み、ランチャーのDafa Filesでチェックを入れます。


設定をいじる

SM Combat Hide.ini で細かい調整ができます。

?の部分に値を指定します。
メモ帳などのテキストエディタで開いて、値を変更したら上書き保存。
IMEはOFFにしておきます。
ゲーム中にも変更できますが、反映したい場合は一度セーブし、再度ロードしないといけません。

日本語説明がないので意訳しました。

SetGS iAICombatMinDetection ?
戦闘中にスニークした際、ターゲットへの進路を見失う性能に影響
このMODのデフォルト設定は -47
Vanilla(MOD等で何も変更を加えていない素の状態)では、-50
忍者ゴッコMOD Attack and Hide では -45 〜 -40

set aaaControlQuest.sSecondsWithoutCombat to ?
戦闘中、ここに指定した時間(秒)、近くにアクターがいない場合、戦闘状態を解除(延々と戦闘のBGMが流れるバグの修正用)
初期値は 20

set aaaControlQuest.sSecondsPlayerHidden to ?
ここに指定した秒数、プレイヤーが視界外に消えるとアクターはプレイヤーを見失い周囲を探しまわる
初期値は 10

set aaaControlQuest.sDialogueSeconds to ?
ここに指定した時間(秒)プレイヤーを探しても見つからなかった場合、「何処にいる?」というようなセリフを叫ぶ
初期値は 10

set aaaControlQuest.sConfidenceLevel to ?
この値より信頼度が高いアクターはプレイヤーを見失った時、プレイヤーを探し回る
初期値は 15

set aaaControlQuest.sConfidenceWalkLevel to ?
この値より信頼度が高いアクターはプレイヤーを走って探す
初期値は 70

set aaaControlQuest.sAggressionLevel to ?
この値より攻撃性が高いアクターは警戒状態のままプレイヤーを探し回る
初期値は 80
 
オブリビオンでは、アクターはクリーチャー(モンスター)とNPC(町の人や人型の敵)の両方を差します。
トロールやゴブリン、アンデッド系は人型ですがクリーチャーです。
オブリビオン世界にいるドレモラはNPCです。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。