UI

がウンコ。
オブリビオンのUIデザインには言いたい事が山ほどあるのですが、その中でもトップレベルのものを例として挙げます。

1三人称(客観)視点でクロスヘアが表示されない。
2スニーク時の目のアイコンがすこぶる邪魔。

なので、以下のMODを導入。

Third Person Crosshair Alternative

他にも同様のMODがいくつかあるのですが、私の環境ではこのMODしか動作しませんでした。
素晴らしいMODなのですが、導入の仕方がちょっと面倒です。

このMODでは、クロスヘアとスニークアイコンの組み合わせが4タイプ用意されています。

小さいクロスヘア、スニークアイコンは画面下(hud_reticle_sm_bottom)
hud_reticle_sm_bottom.JPG

一人称視点でのデフォルトと同じ(hud_reticle_norm_center)
hud_reticle_norm_center.JPG

ノーマルのクロスヘア、スニークアイコンは画面下(hud_reticle_norm_bottom)
hud_reticle_norm_bottom.JPG

一人称視点でのデフォルトと同じで、クロスヘアとスニークアイコンが小さい(hud_reticle_sm_center)
hud_reticle_sm_center.JPG

アーカイブを解凍すると、Menus/Mainフォルダの中に、それぞれの名前が付けられたxmlファイルがあります。
好みのものを1つだけ選び、ファイル名をhud_reticle.xmlに変更します。
残りの3つのxmlファイルは使わないので、コピーする必要はありません。
そうすると、Dataフォルダにコピーするフォルダ構成とファイルは以下のようになります。

Data/Menus/Main/hud_reticle.xml
Data/Textures/Menus/Shared/all_small_activate_icons_new.dds
Data/Textures/Menus/Shared/all_activate_icons_new.dds

このような導入方法なので、OBMMでインストールする際は注意が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。