日本語化MODを導入

Steam版の最新バージョンが対象になります。

1Oblivion Mod Manager(OBMM)を導入
2Oblivion Script Extender(OBSE)を導入
3日本語化パッチを導入
4日本語MODを導入

大きく分けると、たかだか4工程ですが、各工程には更に細かい手順があります。
このうち、1はなくても日本語化は可能ですが、4導入時の手間と複数の日本語MODを切り替える時の手間を減らせるため、導入が推奨されます。


1Oblivion Mod Manager(OBMM)を導入

Oblivion mod managerからfull installerをダウンロード。
・zipファイルを解凍するとインストーラが出てくるので、インストーラを起動。
・適当にインストール(Associate the .omod file type with oblivion mod managerにチェックを入れると後々楽です)。


2Oblivion Script Extender(OBSE)を導入

Oblivion Script Extenderでダウンロード。
・ファイルを解凍。
obse_steam_loader.dllobse_editor_1_2.dllobse_1_2_416.dllobse_loader.exeをOblivion.exeと同じフォルダにコピー。
121205_1.png


3日本語化パッチを導入

・Oblivion.exeにあるDataフォルダの中にOBSEフォルダを作り、その中に更にPluginsフォルダを作る。
TES4JaPatch016_beta3.zipから日本語化パッチをダウンロード。
 ファイルをダウンロードするには4shared.comにログインする必要があります。
 アカウントを持っていない場合は登録(無料)が必要です。
・zipファイルを解凍。
obja_config.exeobja_12416.dllのみを3で作成したPluginsにコピー。
121205_2.png


4日本語MODを導入

しとしん版日本語MOD ver3.6をダウンロード。
・ファイルを解凍。
・OBMMを起動。
・「Load」ボタンを押し、「しとしん版日本語MOD 3.6.omod」を選択。
・OBMMの右側のリストにしとしん版日本語MOD 3.6が追加されるのでクリックして「Activate」ボタンを押す。
・色々と質問されたりメッセージが出るので適切に選ぶ。

選択を間違えたと思ったら、一度「Deactivate」にして、再度「Activate」することで選択し直すことができます。



オブリビオンを起動して日本語化できたか確認する。



この記事はOblivion 日本語化 Wiki (避難所)から、Steam版の日本語化に必要な情報を私見に基づいて選択して抜き出し、いくらかの情報を付加してまとめたものです。
前述のWikiでは、派生版である「しとしん版日本語MOD」を導入する前に、「JPWikiMod」を導入し、正しく日本語化できることを確認してから、派生版の導入が推奨されています。
気になる場合、もしくは、この記事の手順通りに進めても日本語化できなかった場合、前述のWikiの手順に従って導入する方が良いと思われます。
【日本語対応の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。